TFをMUGEN入りさせる途中ブログ


いろいろやってます。迷走中 

プロフィール

RIZ

Author:RIZ
RIZ です
トランスフォーマー大好き
絵描いたりしてます。

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリー:スポンサー広告 | タグ:
|コメント(-) |トラックバック(-) | --年--月--日 (--)--時--分

SAIを使って簡単にドットの縁取りをしてみる

 大抵のドット絵はただ色塗りされているだけでなく縁取りされているものが多いと思います。

 久しぶりにSAIを使って、簡単に縁取りする方法を紹介します。
KFM1.jpg

 まず上の画像のKFM。黒い背景の上にドットでKFMが描かれており、既に縁取りもされていますがここに更にピンクで縁取りします。(本来なら背景は最初から白にすべきでした。途中からいきなり背景が白に変わりますが気にしないでください。)

KFM2.jpg

 まず、背景を選択。画像内の赤枠のツールを使えば楽に選択できます。選択範囲の端がぼやける。という方は「色差の範囲内」が0、「アンチエイリアスにチェックを入れない」ことを確認してみてください。
 これで選択が完了したら、ツールバーの選択から選択範囲の反転、次に選択範囲を1ピクセル膨張を選びます。
 上記作業によりキャラのドットの周囲1ピクセル分を選択完了しました。

 ・・・ちなみに画像KFMは拡大してるので5ピクセル分くらい膨張させています。

KFM3.jpg

 ここでキャラのドット絵が描いてあるレイヤー(↑画像のレイヤー1)の下に新しいレイヤー(↑画像のレイヤー2)を作り、2値ペンか何かでピンク色を塗ります。

 KFM4.jpg

 レイヤー2の上にクリッピングして新しいレイヤーを作ると、違う色を塗る時便利です。
 以上です。


 ところでSAIで作った画像はそのままMUGENのSFFに取り込むことができないです。
 以前コンボイのドット作ってた時は確かSAIでbmpで保存 → ペイントで保存 → 減色を確認 みたいな面倒な流れでやってた覚えがあります。SAIだと2値ペン使ってないと色がぼやけるのですがこれが減色するうえでかなり厄介。
 もうちょっと簡略化した流れでできないかなーと模索しつつもあまり思いつきません。
 こんなやり方がある、いいソフトを知っている。という方がいらっしゃったら是非教えてください。お願いします。
スポンサーサイト

カテゴリー:ドット絵勉強 | タグ:
コメント(4) |トラックバック(-) | 2016年12月31日 (土)14時53分
縁どりが便利な方法でできるんですなー。
MUGENキャラには現状適応できない状態ですが
画期的な方法があったら今後大活躍しそう。

問題はSAIのパレット作成の法則がわからないこと。
actファイルが適応できればまだ話が違いそうでもあるが・・・・
2017/01/01(日) 13:00:09|URL|カオス同盟 #- [編集]
 私はもともとデジタルお絵描きソフトとしてSAIを使っていて、それを何とかMUGENにも応用できないかなーと思っていますが、やはりジャンルの違うモノ同士だと食い違いが発生してしまいますね。それでも、まずどっちも単純にソフトとしての出来は素晴らしいと思っているし、組み合わせることができたらいいものが作れると思っています。

 私は特にMUGENのパレット周辺の知識が中途半端と言うか全然無くて(以前コンボイ作ってた時もそこが理解できず終いでした)カオス同盟さんの言う問題が何かわからなかったり・・。
2017/01/01(日) 21:14:50|URL|RIZ #- [編集]
actファイル(パレット)の色番号の並び順です。
これもまた自分もわからないので何とも言えないのですが。
2017/01/02(月) 08:26:16|URL|カオス同盟 #- [編集]
あー・・・それ私も困りました。
各画像の左上のドットの色から順にパレットに色番号が割り振られているのだと私は思っていましたが、確か減色ソフト(DペイントだったかOPTPIXかうろ覚え)で減色するときに直すことができたような気がします。
うろ覚えな記憶ですいません。できなかったら申し訳ないです。
2017/01/02(月) 14:15:05|URL|RIZ #- [編集]
コメントの投稿
  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。