FC2ブログ

TFをMUGEN入りさせる途中ブログ


いろいろやってます。迷走中 

プロフィール

RIZ

Author:RIZ
RIZ です
トランスフォーマー大好き
絵描いたりしてます。

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリー:スポンサー広告 | タグ:
|コメント(-) |トラックバック(-) | --年--月--日 (--)--時--分

SAIで単色線画を引く私なりのやり方

 SAIには線画モード(ペン入れレイヤー)というモードがあります。これは色を塗るのではなく線を塗ることに特化したモードです。線画モードは非常に便利なのですが、あるデメリットがあります。それは、線がにじむことです。
 MUGENでは色数の制限があるので、にじんだ絶妙な感じの色は残念ながら使えません。

 そこで、色をにじませない線画の私なりのやり方が以下です。
3-23-1.jpg

 この画像は現在、シャーペンで描いた原画をスキャナーで取り込んだ画像です。
 
 まず、線画モードの使い方。(SAIのバージョンによっては仕様が異なることあります。)
 ①をクリックすれば線画モード(ペン入れレイヤー)出ます。ペン入れレイヤー上で線を引く方法は3つ。ペン入力で自力で線を引く方法。残り2つは「曲線」と「直線」。クリックした点同士を自動的に結ぶやりかたです。多分こっちの方が便利だと思います。
 キーボードの「Ctrl」を押せば、現在の点の位置情報がわかります。
 3-23-2.jpg

 そして上の画像の②が「曲線」で描いた黒線です。見ての通り、一色の黒ではなく、白や灰色が混ざっています。これは自動的な処理として行われるのでどうしようもないです。
 ここで、左上の合成モードの「カラー2値化」というものがあります。これは、その対象レイヤーの色を白と黒の完全なる2色に分けてしまうというモードです。(色がついている部分が黒色に変わると思えばいいと思います)
 これで、滲んだ部分を黒にしてしまいます。(したのが↓の画像)

3-23-3.jpg

 線がめっちゃ太くなりました。これの対処方法は、そもそもの線を細くし、さらに色を薄くすることです。ブラシサイズとブラシ濃度をかなり下げました。これで、↓の画像のような細い単色黒の線が引けました。
3-23-4.jpg


 ・・・さて、上記やりかたでは黒色の線しか描けません。カラー2値化ってのがそもそも白黒に分ける作業ですからね。
 ひとつ手間が増えますが、色を別のに変える方法があります。

 それは、ペン入れレイヤーを通常のレイヤーに合成しちゃうという方法です。これで、合成後はそのレイヤーは通常レイヤーとなります。↓画像の状態(上にペン入れ、下に通常となった状態)で、合成ボタンを押すと合成されます。
 あとは自由にその線の色を変えればOKです。

 ただし、合成ってのは後で「ちょっとこの部分だけペン入れレイヤーから直したいな」って思った時に分離することができませんね。そのときはなんとか頑張って修正するしかないです。ですからミスがないように注意してから合成した方がいいですね。
3-23-5.jpg
スポンサーサイト

カテゴリー:ドット絵勉強 | タグ:
コメント(0) |トラックバック(-) | 2016年03月23日 (水)22時19分
コメントの投稿
  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。