TFをMUGEN入りさせる途中ブログ


いろいろやってます。迷走中 

プロフィール

RIZ

Author:RIZ
RIZ です
トランスフォーマー大好き
絵描いたりしてます。

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリー:スポンサー広告 | タグ:
|コメント(-) |トラックバック(-) | --年--月--日 (--)--時--分

胸の影

ケータイで記事書いてます。すっごい書きにくいです。普段はPCでやってるもので。

カオス同盟さんが胸の影のつけかたで悩んでいらっしゃるようなので参考になるかわかりませんが私なりの影のつけかたを考えました。

ですが、そもそも私は影が苦手です笑。女性の複雑な服とかだともう影つけること自体が面倒になりますね。
今回は原作めぐねぇの画像見ながら東方キャラっぽい影を考えました。

影をオレンジ、光を青で塗ってます。
画像の通りです。胸のおうとつに合わせて影をつけます。出っ張っているところはその分光を遮るので影が大きくなるということです。
また、試作画像を見て思ったのですが、影になっている暗い部分、そして光を受けて白くなっている部分、両方とも色が薄い気がします。影の部分はもっと暗く、光を受けている部分はもっと明るくしたらメリハリが出るのではないでしょうか。
動いていない立ち絵だと、試作画像くらいの濃さで十分だと思うのですが、実際のキャラは動いているのでキャラの細部まで見ることは無理です。だから、見て直感的に「ここは影なんだ、ここは光が当たっているんだ」とわかるくらいがいいと思います。そういった面で、東方キャラのドットはすごく参考になりますね・・・。
ですが、やり過ぎるとアメコミキャラのようにコントラストの激しい絵になるので難しいところです。



スカートなのですが、スカートのヒダになっている部分はその段に沿って影ができます。セーラー服なんかがわかりやすいです。
これを描いた方がいいのではないでしょうか?時間が掛かりそうな部分ではありますが、スカートが立体的に見えると思います。

もしスカートに手を加えるのでしたら、全部のヒダに影と光を描くのはオススメしません。と、言うのも全部に描いてたら非常に細かくてその部分だけ写実的になってしまうからです。ある程度デフォルメして、省略できる部分は省略した方が効率よく視聴者にキャラの外見の情報を与えられると思います。
スポンサーサイト

カテゴリー:未分類 | タグ:
コメント(2) |トラックバック(-) | 2015年10月28日 (水)16時41分

10/04の報告

■トランスフォーマーアドベンチャー2期

 ようやく始まりましたね。本当に楽しみだった。
 トランスフォーマーアドベンチャー(以下、TFADV)は子供向けにこだわったシリーズです。と、いうのも以前のトランスフォーマーは子供向け番組でありながら子供向けになりきれてない部分がありました。(声優ネタや下ネタ、残虐描写など)TFADVはそういうのを排したもので非常に”クリーン”なアニメなのですが大人でも楽しめると思います。
 ちなみにTFADVは今ならニコ動またはyoutubeに公式で全話無料で上がってますよ。(あくまで円盤目的ではなく玩具販促アニメですからね)
 
■下ネタという概念が存在しない退屈なセカイ
 途中から見るの忘れてた・・・ってか正直飽きた・・・。やはり、下ネタだけで1クール続けるのは難しかったと思うの。結局のところ、どれだけ過激なことやったとしても視聴者はだんだん慣れていくし、それに合わせてインフレするように過激にするにも限度はある。第1話を見た段階で「このアニメは伸びしろが無いだろうな」とは思っていましたがね。

■QTF
 QTFも最後まで見なかったです。トランスフォーマーのアニメを途中で切ったのはこれが初です。世間的にはかなりヒットしたようなのでそこは嬉しいですが僕個人にはあまり合わなかったかな。声優業界とかもよく知らないし動画のノリについていけませんでした。残念。
 ちなみに、僕が1話でも見たことあるアニメってトランスフォーマーシリーズを除けばドラゴンボールZ、プリキュア、遊戯王、銀魂、ワンピース、戦国BASARA、ゲームセンターあらし、リングにかけろ、テラフォーマーズ、下ネタという概念が存在しない退屈なセカイしかないです。最初から最後まで見たアニメはひとつもないです。
 
■マスターピースロディマス&レーザーウェーブ
 ついに防衛参謀をMP棚に並べられる日が来ましたか!結構期待度高いです・・が、一方ロディマスはうーんな感じ?(あくまで個人の感想です)何というか、肩幅が広くてあまりロディマスらしくないのですよねぇ。

■今後
 今後、よほど重要なことがない限り来年3月くらいまでブログ更新をお休みします。

カテゴリー:雑談と絵 | タグ:
コメント(0) |トラックバック(-) | 2015年10月04日 (日)01時45分

大会案②

思いついたので投下。
①力VSスピード!

概要:パワータイプっぽいキャラ軍団とスピードタイプっぽいキャラ軍団でわかれて戦う。力軍には純粋なパワーキャラや投げキャラ、あまり動かずに戦うキャラや大型キャラ、常時アーマーキャラ等色々(ex、社、大門、ゴリ条さん、ブロントさん、S美鈴、拳神、ラオウ等)速度軍に関しても、無敵で避けるキャラやモーションの素早いキャラ、原作でスピードのイメージがあるキャラ等幅広く。(ex七夜系統、トキ、神威、ロックインパクト、Rクナー、半蔵、等)


②人間VS機械

概要:ぶっちゃけ私が見たいだけ。人間側はジョニーや京みたいに身体能力・特殊能力で戦う者のみ。機械はワーロックとかみたいに中に人とか入っていててもいいけど外見ですぐに機械だとわかるキャラのみ。わかりやすさ大切。


③確率との戦い

概要:レギュラーキャラは50人くらい。出場者とは別に多少上のランクのボスキャラを20人ほど集める。ランセレはできるだけ大人数を収容できるようにしておく。
 レギュラーキャラのみのランセレで選んだ2人を戦わせる。レギュラー同士の戦いで負けても脱落とかはない。ただし、負けたほうは5~15の中の数字からランダムで選ばれた分だけ、ランセレに追加される。(ランセレで同じキャラのアイコンが複数になるということ。つまるところ、負けたほうが今後ランセレで選ばれる確率が増える)
そして7戦に一度、レギュラーキャラ1人VSボスキャラ1人で戦わせる。この時、ボスキャラに負ければそのレギュラーキャラは脱落。
 レギュラー戦でできるだけ負けないことで、ボス戦で選ばれる確率を上げないことが重要である。
 最後まで生き残ったレギュラーキャラが優勝。



 今回はあんまり変なルールが思いつかなかったな

カテゴリー:大会 | タグ:
コメント(0) |トラックバック(-) | 2015年10月02日 (金)20時29分
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。