TFをMUGEN入りさせる途中ブログ


いろいろやってます。迷走中 

プロフィール

RIZ

Author:RIZ
RIZ です
トランスフォーマー大好き
絵描いたりしてます。

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリー:スポンサー広告 | タグ:
|コメント(-) |トラックバック(-) | --年--月--日 (--)--時--分

MMDモデルを用いたキャラ制作のメリットとデメリット

 最近のロボットアニメにおいて機体はCGで描かれることが多くなりました。CGはハイクオリティを維持できるし、複雑なデザインのロボットでも最初に3Dモデルさえ作っておけば問題ないですしね。 
 そこで私もCGでキャラを制作できないかとMMDを少しだけ触っていました。

 感じたことをまとめると、MMDをそのまま使うのは難しいな、ということでした。手描きよりも正確なことは正確なのですが、それが問題です。
筋肉
 人の筋肉は、伸縮します。それを描写することにより躍動感が生まれます。

 マンガやアニメ等のキャラがやたらぴちぴちの服を着ているのを疑問に思ったことはないでしょうか?特にアメコミキャラなんかはタイツみたいなの履いてるのも多いです。それは身体を描写しやすいからです。
 バレエで使われるレオタードも、動きに迫力と躍動感を与えるためああいう全身にフィットした服になっているそうです。
 ぴちぴち
 格ゲーにおいてもそうですね。特にカプコンやアークなんかはピチピチです。また、スマブラのマリオなどは攻撃するときにその体の部位が大きくなってたりします。

 要は、動きに合わせて体の各部を強調することでキャラクターに躍動感を与えることが可能なのです!


 これってたとえ筋肉というものがないロボットにおいても結構大切なことだと思うのです。

 だから私はあえてロボットなのに線を直線で描かなかったりパーツのバランスを崩したりしています。それは、そうやって描いた絵はCGとは違った、「生命感」を生み出せるからです。(実際TFは生命体ですし)
 
 その点MMDモデルは手足こそ自由に破たんなく動かせますが躍動感が伝わりにくい・・・。それにやっぱり手描きが好きなので。


 以下私情ですがしばらくMUGENを休憩します。
 大会制作で精神的に疲労しました。ここ1か月くらい毎夜SKYPEで友人と議論していて自分でも意外なほどストレスが溜まっていました。
 私が必死に考えて提案する折衷案・翻案も自分が気に入らなかったら返事すらせず無視し、私が聞いたら怒るような情報は隠し通そうとする不誠実な友人に、紳士ぶって「一緒に頑張ろう」等と言い続けるのは。

 共同作業をするなら互いのリスペクトが不可欠だと心から実感しました。騙し合って自分にとって都合のいい方に持っていこうとする人間同士が、いい作品を作るというのは最初から無理な話です。私としても自分・友人がそういうタチの人間であることは重々承知していたうえで簡単に「大会開かない?」と誘ってしまった、これは私のミスです。
 結果として親友クラスの友人を一人失ってしまったのは手痛い勉強料でした・・・。

 そういうわけでしばらく安静にしてます。記事は書かないけど色即是空は最後まで見ます。(お祭りっぽいワイワイした雰囲気が楽しいので。)


 あと、なんか一個下の記事の最後らへんで他大会の批判?っぽい文章書いてると指摘されたのですが、そういうつもりはないですよ(笑)単に自分が大会開くなら~って話です。ただ、ちょっと精神的に不安定な状態で記事書いてたので冷静な文章書けてなかったかもしれませんね。すみませんでした。
スポンサーサイト

カテゴリー:ドット絵勉強 | タグ:
コメント(2) |トラックバック(-) | 2015年08月24日 (月)19時23分

【ニコニコ動画】QTFⅡ第7話の今週のカットされた部分



 なーんか面白くないな・・・。

 やっぱ自分の中であまりトランスフォーマーたちに直球な下ネタ言ってほしくないってのがある。

 私自身下ネタ好きですよ、今、下ネタという概念が存在しない退屈な世界をウキウキしながら見てる男ですよ。でも、ちょい前で
言ったとおり、トランスフォーマーで下ネタはあんま受け付けられない。
 だって子供見れないじゃん。それにナマモノの人間がするならともかくロボットが下って・・・そこに違和感を感じる。

 一番気に食わないのが30年もの歴史あるトランスフォーマー達が、ただのウケ狙いのために中の声優全開にしてキャラ崩壊してること。 これさ、別にトランスフォーマーでやらなくていいよね?ただの声優のフリートークショーでいいよね?

 制作側からキャラ愛を感じられない。声優暴走させればウケると思ってるんじゃないかとさえ思える。
 しかも、このQTF見てる人はこれまでのコアなファンだけでなく新規の方々が多いみたいだし、そういう人はこれを見て「トランスフォーマーってこういうアニメなんだ」って誤解が広まっていくのがすっごい悔しい。メガトロン様やショックウェーブはこんなこと言わないのに・・・。



 時代は変わってくしシリーズも30年続いたんだから転換点だってのはわかる。

 でも、俺は納得できない。これはトランスフォーマーではない。トランスフォーマーのブランドネームを使って声優トークショーを垂れ流す下品な番組だと思う。

 ・・・そんなわけで私自身、キュートランスフォーマーが納得できる番組だな、と再び思えるまで動画レビューはしないことにします。自分が面白いと思えないものを他人に宣伝しても価値がないので。

カテゴリー:トランスフォーマー | タグ:
コメント(0) |トラックバック(-) | 2015年08月21日 (金)20時19分

【MUGEN】色即是空!ランダムカラー4on4大会 パート2



 かむかむ先輩は基本的には通常アルカナを想定したキャラ(多分)なので初期状態では狂モード等封印されているのも納得といえば納得でしょうね。ちなみに同じような理由からかロボカイマークⅢもCNS内のファクトリーtxtを外に出して上書きしないとカラー差出なかったり・・。

●父VS息子
 これはMUGENではレアな家族対決ですね。ロックとギースなんかはしょっちゅうやりあっている気がしますが。

●ゆうかりんVS毛利元就
 12Pはサンデーですね。大量の槍が強い強いww。
 ちなみにこのサンデー毛利ですが、原作ネタです。原作というのはアクションゲーム版のBASARAです。サビー(サビエルのような何か)の広める怪しい宗教のザビー教にハマってしまった毛利元就は頭がおかしくなってサンデー毛利と名乗ります。
 のちに正気に戻った毛利はこの時のことを黒歴史として闇に封印してます。

●百合子VSアルターウィンド
 この声は初めて聞いたかもしれない。3種類ボイスあるのは知ってたけど。

カテゴリー:ニコ動のMUGEN | タグ:
コメント(0) |トラックバック(-) | 2015年08月21日 (金)15時27分

閃サム、零サム

 やばい、ちょー楽しい。
 この前ゲーセンでやってから、最近では帰りに3クレ程やってくのが基本になってる。ちなみに閃サムメイン。世間では微妙ゲーらしいけど私はそもそも過去シリーズプレイしたことほとんどないので旧作と比べられてもよくわからないし3D格ゲーはジョジョASBを5日間やったのみだったのでそれなりに新鮮。

 なにより大斬りの快感がヤバい。あれが入った時のゴッソリ減ったああああああああって感じがもう幸せ感じますね。ライフバー見ると相手のライフ減りすぎてて笑える。
 
戦略的駆け引きあるけど初心者の私には難しいし何より、相手の攻撃を防ぎきり、その最後のスキを付いて強斬りぶちかますだけで自分がサムライになった気分を味わえる。 
 敗北=死であるという雰囲気の緊張感もやばい。 そんなシビアな世界観に私はのめりこんだのでした。
 

カテゴリー:雑談と絵 | タグ:
コメント(0) |トラックバック(-) | 2015年08月19日 (水)21時42分

【MUGEN】色即是空!ランダムカラー4on4大会 パート1.5



プロト想像以上に強かったww。耐神構造の狂キャラもいいですね。

カテゴリー:ニコ動のMUGEN | タグ:
コメント(0) |トラックバック(-) | 2015年08月19日 (水)20時55分

【MUGEN】色即是空!ランダムカラー4on4大会 パート1



 いま一番楽しみな大会かもしれないw。

 自分の好きなキャラが一杯いるからってのもあるけど、このお祭り感がいいですね。どんな強力なキャラも負けるときは負ける。
 最後までバランスよく色々なキャラが生き残ってたらいいな。

 と、いうわけで何となく動画レビュー。
 

カテゴリー:ニコ動のMUGEN | タグ:
コメント(4) |トラックバック(-) | 2015年08月17日 (月)17時15分

ドット改善

 コンボイのドットを改善してみた
コンボイ
 ※D4キャラです

 実際につくるときはこれで行きたいと思います。
 線画が太くない?と思うかもしれませんが、これが限界でした。と、言うのもこれはドットの限界というか、仕様上どうしようもなかった部分だと思う。

 ドットは当然ながら縦列と横列から成っているので最少ピクセルで斜め線を描くとカクカクになります。コンボイは斜め線が多い関係で見栄えが悪くなってしまいました。なのでいっそのこと画像のようにマンガチックに太い線画にしようかな、と。多分エフェクトとかもマンガっぽくしてポップな雰囲気にしたいと思います。(エフェクトも自作します。)

 ドットの大きさについてはちょっと大きすぎるかもしれませんね。このポーズでほかのキャラと比べたところ、かなり大型のキャラであるラオウの頭頂部が顎下あたりにきました。底の高いステージや、ライフバーが大きいと上が見切れるでしょう。
 描いてませんが歩行モーションをとらせるともう頭が画面外に行ってしまいそうです。頭一つくらい縮小しようかな。

カテゴリー:キャラ関係 | タグ:
コメント(2) |トラックバック(-) | 2015年08月17日 (月)00時00分

saiの通常レイヤーで直線を描く方法

 点と点を繋ぐときshiftを押せば直線でつないでくれるんですね・・・普通に知らなかった・・・。

カテゴリー:雑談と絵 | タグ:
コメント(0) |トラックバック(-) | 2015年08月16日 (日)13時50分

コンボイのドット描いてみる&内容

 私はスタースクリームをMUGEN入りさせるつもりでブログを作り、後にストロングアームに転換し、現在コンボイをMUGEN入りさせようと思っています。・・・まぁほとんどのシリーズで主役級で一番知名度あるし・・・ね。(個人的にも好きですし)

 コンボイとは?って方はコチラをどうぞ

 とりあえず立ちポーズ描いてみた
コンボイ
 ※左の奴は私が試しに描いたドットです。この画像をそのままアニメに使うことはできません。

 比較として、既にMUGEN入りしてるコンボイ(別の方が描いたやつ)を右に並べました。
 まず、私のと右の方のでは描くうえでのコンセプトがまるで違うので単純に比較するのもアレですが、ポーズに関しては私の方が躍動感、メリハリが出てるハズ。けど右に比べて描き込みが少なく、大味で顔も描写されてないなど、お互い長所短所があると思います。この辺は後に考えます。

 今回、この1枚絵を描く上で、
①アナログで紙にシャーペンで線画を描く
②スキャナーで取り込んだ線画を適宜処理(ハミ出し等を消し、線の太さの統一)
③実際のMUGEN画面とのサイズを合わせる
④色を塗る

 という段階を踏んでやってます。まず、ミスは②の作業は本来③と同時並行してやるべき作業でした。これの順番をミスッたせいで、減色すべき個所が減色できてないです。(ちょっとなぜそうなるかの説明が難しいので結果だけ言いました)

 次のミスが、やはりディティールが少ないこと。もうちょっと情報量を増やします。顔は・・・とりあえず今のポーズでは顔まで描きこむのが難しいです。それに描きこんだところで口元を覆うようなマスクをつけているため表情を再現するのは至難の業。

 地味なミスは線画を真っ黒で描いたことかなぁ。この前本多忠勝の画像弄ってて思ったのですが、線はその内側の色よりちょっと濃いぐらいで表すのがメジャーなのですかね?私はいつも真っ黒で描いてました。ここは要検討。


 絵に関してはこれくらいかな・・。この1枚描くだけでかなり時間かかりました。作業効率上げないとマズいっすね・・。立ち絵は一番気合い入れて描く部分だから時間かかってもしょうがないけど中割りくらいは1枚15分くらいで描かないとなぁ。折角SAIという便利なソフト持ってるんだからそれを有効活用しないといけません。




 次に、キャラの中身です。これらの記述の書き方なんて一切わかりませんし、こういうのにしたい!ってだけです。


全体コンセプト
・凶下位~狂上位までをフォローする
・アーマーを張って超強化
・硬い
・単発火力高いキャラに強く、コンボ勢・割合ダメージ・アーマー殺しに弱い。
・クソ火力と判定で攻めるワンチャンキャラ(低カラーでは1コンボせいぜい相手lifeの25%くらいか)
・デカい
・派手でうるさい

・凶下位~狂上位までをフォローする
 色々悩みましたが、原作(初代トランスフォーマー)でのコンボイを再現しようと思うとどうしても強くなってしまいます。狂上位とかになるともう初心者にはよくわからない世界になってしまい、私はそういうのあまり好きじゃないのですが・・・私がこのキャラにやりたい事やらせるとこの位のランクいきそうなのでしゃーなし。

・アーマーを張って超強化・硬い
 硬くないロボットなどロボットではない!!
 ゲージ使って自分にハイパーアーマーを貼ります。これ貼っている間はアーマー殺しもされないしほぼ無敵に近い状態にしたい。「やった!アーマー貼った!これで勝つる!」ちなみにゲージはアーマー貼る以外仕様用途ないのでpowermax1000にします。これにより、タッグ戦の状況によっては味方に致命的損害を与えます。(独自ゲージつけるかも)
 lifeは最低でも2万欲しいですね。
                                     このままだと厨キャラとしか言いようがないので↓

・単発火力高いキャラに強く、コンボ勢・割合ダメージ・アーマー殺しに弱い。
 流石にlife2万はヤバいので、life周りの構造を特殊にすることで普通のキャラでも撃破可能にします。やはり機械。鋼鉄の外装は硬いはずです。ですが、その内部の精密機械は逆にモロいでしょう。
 これを再現して、相手の攻撃1hit目はそのダメージ×0.01だけコンボイはダメージを受けます。2~4hit目も同様。
 5~9hit目はダメージ×1のダメージを受けます。
 10~hit目はダメージ×1000のダメージを受けます。
 これは、コンボなどによって多くhitを受けることで外部装甲が破損して、内部機械に直接ダメージを受けることを表しています。

 これだとコンボ勢と出会ったらその時点で敗北確定ですが、一応アーマーを頼りになんとか戦います。(何hitで何倍くらかは実際にキャラ作って実験してベストな数値を決めますのであくまで目安。

・クソ火力と判定で攻めるワンチャンキャラ(低カラーでは1コンボせいぜい相手lifeの25%くらいか)
 狂カラーではコンボ全てが10割持ってく。
 これも、巨大なロボットがぺちぺち安い攻撃するのは私の思う所と違うからです。だからサムスピ以上の超火力にします。小足1割は基本。その代わりコンボ補正めっちゃきつくします。
 で、コンボイ自体が単純なアーマーキャラなので利用者に見ていて飽きさせないよう10割のコンボパターンは10通りは作りたいところ。(真顔)当然全部かっこいいコンボ、若しくは笑えるような一撃です。一応既に10通り+αのコンボパターンor一撃技を構想しました。ですがこれ全部つけるとなると大変なので、公開段階では3コほどの即死技つけただけで公開し、後で更新するときに増やしていく・・・みたいなスタンスで行きたいと思います。(何だか先のこと言い過ぎて机上の空論感出てるけど気にしないで。)

・デカい
 車から変形するロボットなので・・・・ね。

・派手でうるさい
 にぎやかなのがいいでしょ?




 あと、これ前からやりたいと思っていたのですが専用演出として、iwakick氏MVCイントロみたいに、他の方のキャラと共演するイントロつけたいです。具体的に言えば、両キャラがビークルモードで登場して、そのキャラへと変形する。

 (もっと具体的に言えば、イントロでクルマが霊夢に変形したり、戦闘機がオロチに変形したり、バイクが七夜に変形したりするということ。)





 こんな面倒くさそうな対応つけてくれる製作者さんどこにいるんですかね・・・。

 私の方でも簡易的に変形するっぽいモーションを何通りか製作してフォルダに同梱させときます。ど、どなたか・・私と・・変形しませんか・・?(震え声)


 絵に関しても、キャラの仕様に関しても、何でもいいのでご意見募集中です。

カテゴリー:キャラ関係 | タグ:
コメント(2) |トラックバック(-) | 2015年08月15日 (土)23時09分

トランスフォーマー一覧について

 ポチポチwikiペディア見ながら追加してるトランスフォーマー一覧の記事ですが、分量が多すぎてキーボードの入力と文字の反映にラグが出る程になりました。おかげさまでかなり編集がツラいです。
 
 もともとこれは私自身TFを全部知ってるわけでないし、知らない部分の知識を埋める&ちょっとでも宣伝と言うか、他の人に知ってもらう手助けになればいいかなーと思って始めた自己満足企画です。が、私自身ここまで多いと思っていませんでした。
 あんまり気が進みませんが各シリーズとキャラクターのページを分けることにします。その方が見やすいでしょう。ですが、なかなか忙しいので先になると思います。

カテゴリー:トランスフォーマー | タグ:
コメント(0) |トラックバック(-) | 2015年08月14日 (金)20時57分
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。